コストパフォーマンスを意識しよう!

消費社会に生きている以上、誰でもコストパフォーマンスというものは意識せざるを得ません。

 

誰だって少ない金額で満足したいですし、安くていいものが大好きなのは当たり前ですよね。

 

もちろん風俗だって安くて楽しめればそれに越したことはないですし、多少値が張っても想像以上に快感を得ることができるのならば満足できることでしょう。

 

風俗遊びをするならばコストパフォーマンスにはこだわるべきなのです。

 

 

 

■1ヶ月に使えるお金には限りがある
みなさんが1ヶ月に使えるお金というのはどれくらいでしょうか?サラリーマンとして働いて月収手取りで20万円もらえているとすれば、遊びに使えるお金というのはせいぜい3〜4万円くらいでしょうか。

 

風俗店の場合、安くても1回あたり1万円以上はかかってしまうものです。

 

そう考えると最大でも4回しか楽しむことはできないわけです。

 

高いお店にいくとすれば、回数はもっと少なくなってしまいます。

 

使えるお金には限りがある以上、お店選びというのは慎重に行いたいものです。

 

 

 

■風俗遊びで満足するポイント
風俗で満足できるかどうか、それはとても重要なことです。

 

楽しめるかどうかというのは人それぞれの性癖や女の子の質、その日の気分や体調なども関係してきます。

 

いつでもどんなお店でも満足できるなんてことはありませんから、お店選びはしっかりするべきでしょう。

 

ネットの口コミをチェックしたり、風俗店のホームページをじっくりと眺めたり、情報収集をしっかりと行いましょう。

 

絶対に満足するんだということを意識しておくべきです。

 

 

 

■コストパフォーマンスは重要なり
女の子の質やサービスの内容、お店の雰囲気やコンセプトなど風俗店で満足するポイントにはいろいろなものがあります。

 

最終的にはそれらを総合的に判断して「満足できた」と感じることができるわけです。

 

様々な要素が複雑に絡み合っているわけですが、その一つにはお店の利用料金というものも含まれています。

 

 

安いお店でも風俗嬢のサービスが良ければ満足できます。

 

高いお店でも美人の女性が淫らに濃厚にプレイを進めてくれれば納得ができるでしょう。

 

出した費用以上に満足できた、楽しめたと感じられること、つまりコストパフォーマンスというのは風俗遊びにおいてとても重要なことなのです。

 

 

 

風俗店を利用するならば必ずコストパフォーマンスを意識しましょう。

 

いろいろなお店がありますが、最終的には出した金額以上に楽しめれば必ず満足できます。

 

使えるお金に限りがある以上、この考え方は絶対に忘れてはいけません。

スタッフと仲良くなってコスパをあげる!

風俗店に通う以上、風俗嬢たちと仲良くなりたいですし満足いくサービスを受けたりしたいと思うのが当たり前ですよね。

 

もちろんなるべく費用をかけずにコストパフォーマンスの高い風俗遊びをしたいと思うのが男というものです。

 

お店の料金は必ずチェックすべきですし、一発単価や無料オプションの有無、お店のコンセプトやサービス内容など様々なものを総合的に判断してお店選びをしていくべきです。

 

また意外と重要なのがお店スタッフの雰囲気になります。

 

実は仲良くなっておくといろいろとメリットを受けることができるかもしれません。

 

 

 

■風俗店の縁の下の力持ち
風俗店で働くスタッフたちはお店の縁の下の力持ちです。

 

受付から女の子のスケジュール管理、お金の管理やローションなど必要な道具の買い出しなどは全て男性スタッフが行っています。

 

また店舗型であれば、部屋の清掃や使ったタオルの洗濯などもすべて男性スタッフがやらなくてはいけません。

 

私たちが気持ち良く風俗店を利用している裏には彼らの頑張りがあるからということを覚えておきましょう。

 

男性スタッフは風俗店の縁の下の力持ちなのです。

 

 

 

■お店の情報通であるスタッフ
またスタッフたちはお店の情報通という一面も持っています。

 

というのも、お客から風俗店のシステムや料金設定、オプションの内容などを聞かれたら瞬時に答えられなくてはいけないからです。

 

「ちょっと調べます」なんて言って時間をとってしまうと、お客によっては「じゃあいいよ!」と他の店に流れてしまう可能性もあるのです。

 

女の子の情報やイベント内容などすべて彼らスタッフの頭には入っていますし、聞けばすぐに答えてくれるものなのです。

 

 

 

■仲良くなって得られるメリットとは
縁の下の力持ちであり情報通である男性スタッフたちと仲良くなれば、様々なメリットが得られます。

 

親密な関係性を築くことができれば、事前に新人の入店情報などを聞けることもあるでしょう。

 

さらにイベントの事前情報や常連だけの割引サービスの案内ももらえる可能性があります。

 

また時には、お客が入らない日などにはお茶を引いてしまう女の子に「女の子の取り分だけでいいんで入ってもらえませんか?」なんて申し出がくることもあります。

 

この場合お店の取り分が差し引かれますので料金的には半額くらいになるのです。

 

さらに、女の子の性格やプレイ内容なども詳しく聞くこともできるでしょう。

 

可愛いけど実は評判が…なんて裏情報もゲットできるかもしれません。

 

 

スタッフと仲良くなれば風俗遊びはコスト的にも良くなりますし、より楽しく遊ぶことが可能になります。

 

ぜひ仲良くなって今以上に楽しい風俗ライフを送りましょう。

一発単価から考える風俗のコストパフォーマンス

お店選びではコストパフォーマンスは重要なポイントです。

 

かけた金額以上に満足できるかどうか、少なくとも同等以上には楽しみたいと誰もが思うことでしょう。

 

コスト的に失敗をしないためには風俗店の利用料金も重要ですが、一発単価という考え方も必要になります。

 

 

 

■コストパフォーマンスと単価
風俗店におけるコストパフォーマンスの評価というのはとても曖昧であると言えます。

 

というのも、人それぞれ性癖も求めているプレイ内容も違いますし、タイミングやフィーリングによって快楽度というのも大きく差が出てしまうものなのです。

 

そのため風俗では客観的なコストパフォーマンスというのは算出しにくいのです。

 

そのため、最終的には試してみないとコスパが良いかどうかの判断はできないという欠点があります。

 

 

 

■お店によって違うプレイ内容
プレイ内容はお店によって様々であり、それぞれ独自のスタイルをとっています。

 

といえ変わらないこともいくつかあります。

 

それは風俗嬢からの性サービスを受け、お客である男性が射精をすることが目的であるということです。

 

精神的な満足感というのはなかなか表には出てきませんが、射精は肉体的な反応でありひと目で「イッタ」ことがわかるものです。

 

性欲を解消するという目的がある風俗店なのですから、発射をするということは何よりも大切なことであることは誰の目から見ても明らかでしょう。

 

 

 

■一発単価を考えてみよう
射精をすることを主眼に置いた場合、一発単価というのは重要な考え方になります。

 

支払った金額でどれだけイクことができたのか、ということです。

 

たとえば、ピンサロであれば5千円で2回転、つまり2回発射することが可能です。

 

ということは一発単価としては2500円であり、射精のコスパとしてはかなり高いことが言えるでしょう。

 

 

ヘルスでは最近無制限発射というところも増えているのですが、会話やシャワータイムなどもあり60分でせいぜい2回くらい、多くても3回が限度になります。

 

つまり一発単価としては1万5千円の利用料金ならば2回で7500円、3回で5000円となるわけです。

 

 

ソープランドの場合はお店にもよるのですが、90分利用の場合は2回射精するチャンスがあります。

 

2万円の利用ならば1発単価としては1万円というわけですね。

 

 

 

■コストバランスが良いのはどこか?
こうしてみると、一発単価的には客観的に見てピンサロが最もコストパフォーマンスが良いということが言えます。

 

とはいえ、制約も大きいですし大きなソファでのサービスや周囲の目が気になるという人には向きません。

 

またソープは1万円の単価になりますからそれなりに出費がかさむと言えるでしょう。

 

全体的に見るとヘルスが最も一発単価とサービスのバランスが良いと考えられるのではないでしょうか。